×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ピースボート48回 地球一周クルーズ
2005年2月3日(神戸発)〜5月18日(神戸着)105日間

写真をクリックすると、その寄港地の写真一覧ページが開きます



中国 2月6日(金)〜7日(土) 上海(中国 China)
時差:−1時間 天候:小雨 通貨:元(1$=8.3元)

上海では1日ホームステイ体験のオプションに参加。上海は日本より南の方なので暖かいと思っていたが、天気が悪かったこともあり底冷えする寒さだ。神戸出港以降南下してきたので、少しづつ暖かくなって来ていたが、真冬に逆戻りだ。中国ではかぜをもらってしまった。船旅ではかぜは避けたい病気の一つです。一度ひいてしまうとなかなか直りません。
寄港したのが旧正月前だったので、街中も飾付けがしてありとても綺麗だった。




ベトナム 2月11日(金) ダナン(ベトナム Vietnam)
時差:−2時間 天候:晴 通貨:ドン(1$=15,000ドン)

ベトナムでは『1日ベトナム人体験!』と題して、市場でデザート用のフルーツを購入してから、ベトナム料理の先生の待つお宅へ向かう。地元の方のキッチンを借りて、揚げ春巻きや生春巻き、クレープの様な料理などを教えてもらいながら作った。春巻きは包むライスペーパーが日本の春巻きとは全然違って、とてもおいしかった\(^o^)/

上に戻る


シンガポール 2月14日(月) シンガポール(Singapore)
時差:−1時間 天候:晴 通貨:シンガポールドル(1$=1.5S$)

なぜか時差は1時間に戻る。ベトナムより西なのにおかしな感じだ。シンガポールでは自由行動。現地に駐在経験のある方に紹介頂いたお店で、中華料理の食べ歩き。特に昼に食べた小籠包などの点心はとてもおいしかった(^_^)v
また食べに行きたいな



インド 2月19日(土)〜20日(日) コーチン(インド India)
時差:−3.5時間 天候:晴 通貨:ルピー(1$=40ルピー)
1日目は自由行動で、コーチン市内を歩く。それにしても暑い。水の入ったペットボトルは手放せない。車やバイクの排気ガスに、埃なども混じっていて空気が悪い。せっかくよくなった喉の調子がまた悪くなってしまった。1日目のインドの印象は最悪。
2日目はスパイス農園を訪問するオプションに参加。前日と違ってのどかな南国の風景が広がり、とても癒される。椰子の木陰で昼寝をしたら最高に気持ちいいだろうなあと感じました。

上に戻る


ケニヤ 2月27日(日)〜28日(月) モンバサ(ケニヤ Kenya)
時差:−6時間 天候:晴 通貨:ケニヤ・シリング(1$=70KSH)

国立公園の中でキャンプする『キャンピング・サファリ』コースに参加。サファリはとにかく砂埃が凄い。頭から体中赤い砂にまみれてしまう。せっかく良くなった喉の調子がまたしても悪くなる。カメラが故障するのを恐れ、ビニール袋に入れて写真を撮ったので、いい写真が撮れなかった。動物は思ったよりたくさん見ることができました。



エリトリア 3月6日(日) マッサワ(エリトリア Eritrea)
エリトリアについては外務省ホームページへ
時差:−6時間 天候:曇 通貨:ナクファ(1$=15ナクファ)

天候 曇
紅海に面したアフリカの国で、1993年にエチオピアから独立した新しい国。 エリトリアといえばラクダ、ということで『灼熱砂漠をラクダでキャラバン』の予定だったが、天候が曇りだったのでそれほど暑くなくラッキーだった。お土産に天日干しの塩を購入
上に戻る


スエズ運河 3月9日(水) スエズ運河  天候:曇時々雨

初めての運河通過ということで、早起きして船が動き出すのを待つ。船はコンボイという船団を組んで運河に入って行きます。当日は肌寒く、時折雨も降るあいにくの天気でしたが、乗客はデッキに出たり船内に戻ったりしながら、1日スエズ運河の通過を楽しみました。




エジプト 3月9日(水)〜10日(木) ポートサイド(エジプト Egypt)
時差:−7時間 天候:晴 通貨:エジプトポンド(1$=5.5ESP)

ポートサイドからカイロまではとても遠い!ので、早朝5時に集合し一路カイロへ。3時間近くバスに揺られてカイロ到着。古代博物館は素晴らしい!展示物が多すぎて、とても1日では見て回れません。ツタンカーメンの黄金のマスクなどは必見ですね。一方ピラミッドはというと...最初目に飛び込んできたときには、すご〜い!と感動しましたが、あまり登ることもできず物足りない印象でした。

上に戻る


リビア 3月14日(月) トリポリ(リビア Libya)
時差:−7時間 天候:晴 通貨:リビアンディナール(1$=1.3LD)

リビアははっきり言って凄い!観光客の少ない今のうちに見ておくべきでしょう。レプティスマグナのローマ遺跡も凄いけど、トリポリは治安も良くて町もきれいです。住んでいる人もやさしくて好印象です。独裁国家とかテロ国家という怖いイメージがあったので、かなり警戒していたんですが、取り越し苦労でした。また行ってみたいですね。



イタリア 3月16日(水)〜17日(木) チビタベッキア(イタリア Italy)
時差:−8時間 天候:晴 通貨:ユーロ(1$=0.72ユーロ)

イタリアではフィレンツェを訪れる2日間のオプショナルツアーに参加しました。日本人のガイドさんだったので、説明もとても分かりやすかったですね。数日前までは雪が降っていてとても寒く心配していたそうですが、ぽかぽかのいい天気になりました。フィレンツェまでは4時間くらいバスで移動したんですが、車窓に広がる景色もとてもキレイで気に入りました。
フィレンツェといえば、映画『冷静と情熱のあいだ』ですが、ドゥオーモも見学してきました。時間が無くて展望台まで登れなかったのが残念です。

上に戻る


フランス 3月19日(土) マルセイユ(フランス France)
時差:−8時間 天候:晴 通貨:ユーロ(1$=0.72ユーロ)

マルセイユは1日の滞在で、マルセイユ市内を観光するオプショナルツアーに参加しました。天気が良かったので、海の色もきれいで楽しめました。食事も海の幸がとても美味しかったですね♪魚介類のスープはまた食べに来たいな〜と思うくらいの美味しさでした。丘の上の大聖堂からの眺めもとても素晴らしかったですね。



スペイン 3月23日(水) ラスパルマス(スペイン Spain)
時差:−9時間 天候:晴 通貨:ユーロ(1$=0.72ユーロ)

ラスパルマスも1日の滞在でした。ここはスペイン本土から遠く離れ、北アフリカの沖合いに浮かんでいるラスパルマス諸島という火山島です。他にもいくつかの島が点在しています。火山島なので変化に富んだ地形で、島内を回るツアーなどもありました。私は自由行動で街中やビーチ歩きを楽しみ、夕方からはスペイン語に詳しい方の案内で、7人くらいでビーチ沿いのレストランに夕食に行きました。
日本からは遠いのであまり知られていませんが、気候は常春ですごしやすく、お気に入りの寄港地の一つです。今度はゆっくりと滞在したいですね♪

上に戻る


ジャマイカ 4月2日(土) モンテゴベイ(ジャマイカ Jamaica)
時差:−14時間 天候:晴 通貨:ジャマイカドル(1$=61JA$)

モンテゴベイも1日の滞在でした。クルーズはゆったりとした時間が流れていていいものですが、寄港地が1日なのが少し物足りない感じです。3日ほど滞在できるとゆっくり見て回れるんですが。
モンテゴベイでは知り合いのグループに同行し、海中散歩を楽しみました。モンテゴベイは信号がほとんどないので、道を渡るのが大変です。タイミングを見て横断しないと、いつまで経っても渡れないということになってしまいます(笑)
ジャマイカは海もきれいで、焼き鳥などの食べ物も美味しくて、満喫できました♪



パナマ 4月4日(月) クリストバル(パナマ Panama)
時差:−14時間 天候:曇時々雨 通貨:US$

当初は寄港予定に無かったが、給油に時間がかかるので下船できることになった。港のターミナルビル内は安全だが、外はかなり危険らしい。ターミナルビル内にはお店もたくさんあり、踊りなども披露されるので楽しめる。でもやっぱり外にも出てみたい!ということでグループで出てみた。カメラを取られたり、バックごと取られる人が出るなどやはり危険だった^_^;でもスーパーでは物価が安くいい買い物ができそうです。

上に戻る


パナマ運河 4月5日(火) パナマ運河(パナマ Panama)  天候:晴

スエズ運河と違って、パナマ運河は水門が閉じたり開いたりと動きがあるので、見ていて楽しいですね。天気が良かったこともあって、デッキ上にはたくさんの人がいて、いい場所はなかなかゲットできませんでした。やはり船首が一番眺めがいいので人気ですね。穴場は人の少ない船尾です。
パナマ運河通過は、地球一周クルーズのハイライトの一つですね♪



ペルー 4月9日(土)〜11日(月) カヤオ(ペルー Peru)
時差:−14時間 天候:晴 通貨:ソル(1$=3sol)

マチュピチュ全景
今回の船旅で一番楽しみにしていたのが、ペルーのマチュピチュです。何といっても地球の反対側、日本から最も遠い場所ですからなかなか来ることができません。マチュピチュ訪問日は晴天で、早起きして遠路はるばる訪れた甲斐がありました。期待以上のすばらしさです!もっとゆっくりと滞在したいなと感じた訪問地の一つです。

上に戻る


チリ 4月15(金) バルパライソ(チリ Chile)
時差:−13時間 天候:晴 通貨:ペソ(1$=560Peso)

バルパライソもいい天気でした。ここは自由行動で1日楽しみました。床屋にも行きさっぱりしてきました。
この街は、街並み自体が世界遺産に指定されています。背後に迫る丘の上まで、カラフルに彩られた家々が連なっています。特に夜景は、家々の灯りがキラキラと瞬きとてもきれいです。
この辺りは魚介類も豊富で、食事もとても楽しみです♪



イースター島 4月21日(木)〜22日(金) イースター島(チリ Chile)
時差:−15時間 天候:小雨 通貨:ペソ(1$=540Peso)

海を背に海岸に佇むモアイ(イースター島)
イースター島もモアイをとても楽しみにしていました。モアイといえばグラディウスですね。モアイによくやられました^_^;当日は天気が悪く波も高かったので、2日間に分けての上陸になりました。2日目に上陸しましたが、行程が短縮されオロンゴ岬などは見ることができなくてとても残念。でもモアイはたくさん見ることができたので大満足です。今度はゆっくりと滞在して見に行きたいですね。


上に戻る


タヒチ 4月28日(木)〜29日(金) パペーテ(タヒチ Tahiti)
時差:−19時間 天候:晴 通貨:フレンチパシフィックフラン(1$=83CFP)

美しいモーレア島のラグーン(タヒチ)
なんと言っても海が美しい!船が接岸している岸壁にも熱帯魚がたくさん泳いでいました。パペーテ港の広場では、夕方になると屋台レストランがオープンして賑わいます。2日目はタヒチ島の対岸に浮かぶモーレア島に、高速艇で行きました。これぞ南の島!というすばらしい景色が広がっています。やはり将来は南の島で!と実感した2日間でした。





ハワイイ 5月6日(金)〜7日(土) ホノルル(ハワイイ Hawaii)
時差:−19時間 天候:晴 通貨:$

遂に最後の寄港地ホノルルにやってきました。先住民の方々はハワイイと呼びます。ここは2日間の滞在ですが、両日とも自由行動にしました。日本ではゴールデンウィーク中なので、観光客も多い時期です。ハワイから飛行機で帰る人がいたので、6日の夜に港の中華レストランで送別会を行いました。
2日間の滞在でしたが、何をするでもなく街を歩いたり、ビーチを散策したりして最後の寄港地をゆっくりと楽しみました。
これで地球一周の旅も終わるのかと思うとちょっと寂しいですね。


上に戻る